医療系の仕事に就いている人の中には、経験を重ねるごとに理想と現実のギャップに悩む人は少なくないようです。また結婚や出産を経て、独身時代のような働き方をすることが難しいなど、自分のライフスタイルの変化で今の仕事を続けるのが難しくなったという人もいます。そのため、離職してしまう人もいますが、看護師のように国家資格を持つ人なら、ほかにも活躍の場は見つけられるでしょう。たとえば病院以外の場所だと、一般企業の医務室に勤務する産業看護師という仕事があります。社員の健康管理を担う仕事で、所属する企業の一員として働くことが可能です。また医薬品製造メーカーで、治験コーディネーターとして新薬の臨床試験をサポートしたり、臨床開発モニターとして、治験のモニタリングをする仕事もあります。さらに、訪問看護や訪問入浴、高齢者向け施設で入居者の健康管理を行う仕事や、保育園や幼稚園、児童養護で子どもたちの健康管理や精神的サポートを行う仕事に就くこともできます。

このように、視野を広げると看護師の資格や経験を活かせる仕事は、医療機関以外にもたくさん見つけられるので、離職を考えている看護師はぜひ注目してみてください。女性は結婚や出産によってライフスタイルが変化しやすいため、今までできていた仕事が負担に感じてしまうことが少なくないかもしれませんが、環境が変われば柔軟に対応できるかもしれません。ぜひ、検討してみてはいかがでしょう。